スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
短歌バトン…
吉浦玲子さんからまわってきた短歌バトンにお答えしますと……


■質問
□ 短歌を始めたきっかけを教えてください。

十代のころ詩のようなものを書いていたけど、どうもしっくりせず。
この世に短歌を書いている人が存在することを知り、じぶんでも
書いてみてあちこちに投稿。「こりゃ~、合いそう」と思い
どんどんはまりました。 

□ 好きな歌人がいれば教えてください。

小池光、葛原妙子

□ あなたの好きな短歌を3首挙げてください。

上記お二人の歌をのぞいて書きます。

紅梅にみぞれ雪降りてゐたりしが苑ののなか丹頂の鶴にも降れる
                            前川佐美雄

一夜きみの髪もて砂の上を引摺りゆくわれはやぶれたる水仙として
                            河野愛子

表現の如く雲湧くかの夏のふかき忘我をよびかへしゐつ
                            大塚寅彦

□ あなたにとって短歌とはなんですか?

あるときはただじぶんの側にあるもの。
あるときはじぶんを支えるもの。
あるときはじぶんをはげしく苛むもの。

□ バトンを渡す3人の歌人。

吉岡生夫さんに同じ、です。
スポンサーサイト
【2005/07/17 00:00】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
お知らせ
東郷雄二氏のホームページに、歌集『茉莉花のために』について書いていただきました。

ありがたいです。

教えてくださった方にも感謝。

http://lapin.ic.h.kyoto-u.ac.jp/togo.html
です。

★★

追記・現在トップページからはずれています。

http://lapin.ic.h.kyoto-u.ac.jp/tanka/tanka106.html

からご覧ください。



【2005/06/02 00:00】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
原牛
鳥取砂丘へ行ってくる、とある人が言ったので
今日は『葛原妙子全歌集』を開けた。ひさしぶりに。

歌集の中身に至る前に思わず「あ~」と声が出てしまった。

先日、東京で高橋睦郎氏が葛原妙子について話されて
いたとき、ものすごく奇妙な感じに襲われていたのだった。

話に引きつけられながら、ふーっとじぶんがもう一人いて
「この話、聞いたことがあるね」とささやきかけられている
ような。

その奇妙さといったら……。

じぶんの何かが変になったのかとちょっと怖かった。

ところが、何のことはない。

高橋氏が『葛原妙子全歌集』の栞に書かれていて、すでに
わたしが読んでいただけの話。

なあんだ。

あとから考えると間抜け。

 
 砂の上にとほく鼻目を喪へるわれありとして砂丘は翳る
                        葛原妙子『原牛』
【2005/04/11 00:00】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
枢機卿
ローマ法王が亡くなったことで、「枢機卿」という人が
日本人にも二人存在すると知った。

考えもしなかった。

 夢も見ずねむりし朝とおもひしが枢機卿より杖をうけとる

                     河野美砂子『無言歌』
【2005/04/07 00:00】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
祝・迢空賞
おめでとう
ございますとも
いえないままに
またもよろこび
ごとがくる
【2005/04/06 01:26】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(4) |
疲れたときは
吉浦玲子さんの[湖]湖蓮日日(これんにちにち)
「[湖]歌人への5つの質問・疲れたときは」に答えます。

【1】すごーく疲れているけど歌を作らねばいけないというとき、どうやって作歌のテンションをあげますか?

 ほんの少しでもいいから寝てリセットします。

【2】読んでてすごーく疲れる歌ってどんなものですか?

 相聞歌で、相手を全面的に信じている感じがするもの。
 …あまりうまく説明できませんが。

【3】短歌とは関係ありませんが、あなたの疲労回復法は?

 とにかくひたすら寝ることです(^^;) 

【4】歌会って、けっこう長時間だったりして疲れると思いますが、どうやって乗り切りますか?
  (ネット歌会の場合は、ネット歌会で疲れることってありますか?)
 
 昔に比べてそんなに疲れなくなりましたが……。
 のど飴とかフリスクを口に入れます。

【5】疲労感ただよう秀歌があれば教えてください。

 この質問はパスさせてください。(すみません)



じぶんの心身にいちばん必要なのは睡眠であることよ、と
あらためて思ったことでした。
【2005/04/04 22:36】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
大松達知歌集『スクールナイト』
うう。寒さが身にしみる。。。
夜中にお腹こわして、ろくに食べていないため。

大松達知さんの第二歌集『スクールナイト』を読む。

あとがきに「歌稿を読み返していて、職場関係の歌の多さに驚いています」
とある。

ぎく。わたしは教師アレルギーで……。
...続きを読む
【2005/03/15 00:00】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(5) |
春場所と『夏は終はつた』
荻原裕幸さんもすでにご自身のブログで触れられていましたが……。

中津昌子さんの第三歌集『夏は終はつた』を読む。

三ページ目で付箋を取り出し、貼っていこうとしたが
あまりにも付箋だらけになるので、いったん付箋を貼る
作業は止めにして読んでいくことに。

がーんという感じではなく、ふぅぅーっと引き込まれる感じ。

たとえば

思ひもかけぬところに月の出てゐれば目鼻あらはにわれは顔上ぐ

パン、チーズ、パン、ハム、パンと重ねつつ眼の面乾きてきたる

なにもをらぬ檻を横切る蝶々がじくざくに引く黄色のひかり

とか。

今日は大相撲春場所の初日だったけど、この歌集を半分ほど
まで読んでいて、はっと気づくともう朝青龍があたらしい金色の
しめこみ姿で勝ち名乗りを受けているところだった。

ひどく惹かれる、この感じはどこから来るのか。

じっくりと読み、考えることによって何かが見えてくるような気がする。

★なぜか荻原さんのところにはトラックバックできていて、
 自分のところに記事が反映されていません。
 重なるかもしれませんが、もう一度……。
【2005/03/13 21:20】 短歌あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) |
短歌は恥ずかしい?
吉浦玲子さんの[湖]湖蓮日日
「歌人への5つの質問・短歌は恥ずかしい?」に答えます。

→今回は比較的答えやすい質問だと思います。
(わーい。トラックバックできてうれしいぞ)

質問はこちら。

【1】電車の中など人の目に付くところで歌集を読むのは恥ずかしくないですか?

【2】つきあっている恋人に自分が短歌を作っていることを黙っていたことがありますか?

【3】職場の人に自分が短歌を作っていることを言っていますか?

【4】家族はあなたが短歌を作っていることを知っていますか?短歌を作ることに
   賛成していますか?好感をもっていますか?

【5】あなたが短歌を作っていることをたまたま知ってしまった知人が、悪気なく、
   ごく無邪気に「へえ、けっこうなご趣味をお持ちですね」と言ったらあなたは
   なんと答えますか?
...続きを読む
【2005/03/11 22:35】 短歌あれこれ | トラックバック(1) | コメント(0) |
小夜子別館




CALENDER
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RECENT ENTRIES
  •  (05/25)
  • リンク(12/31)
  • 020:メトロ(多田零)(07/26)
  • 019:男(多田零)(07/26)
  • 018:酸(多田零)(07/16)
  • RECENT COMMENTS
  • さやき(11/04)
  • 多田零(07/17)
  • 吉浦玲子(07/16)
  • シム(07/14)
  • 小夜子(05/12)
  • RECENT TRACKBACKS
  • [湖]湖蓮日日(これんにちにち):短歌バトン(07/16)
  • シムの都々逸:遅咲き桜よ遅く散れ(04/04)
  • シムのドドイツ:桜舞い散れ我が身の上に(03/30)
  • [湖]湖蓮日日(これんにちにち):恋人に短歌を作っていることを言うか(03/11)
  • ARCHIVES
  • 2014年05月 (1)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年07月 (9)
  • 2007年06月 (13)
  • 2005年07月 (2)
  • 2005年06月 (1)
  • 2005年05月 (1)
  • 2005年04月 (12)
  • 2005年03月 (22)
  • CATEGORY
  • 題詠blog2007 (22)
  • 短歌の会など (8)
  • 短歌あれこれ (9)
  • どどいつ (11)
  • 雑 (12)
  • LINKS
  • 歌人・小池光氏の「世界を揺るがした十日間」
  • 短歌人会公式ウェブサイト
  •  ◆ ◆ ◆
  • ちょいと・しりとり・どどいつ
  • 題詠blog2007
  • SEARCH

    PROFILE
    *
  • Author:*
  • 多田零
    ・・・(小夜子)
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。